■海外の反応■海外コラム。マンU各選手がオフに改善すべき1点。香川真司は「フィジカル」

WS000001


スポンサードリンク


(香川真司以外の選手は課題点のみ記します)

「bleacher report」より


■デ・ヘア

コミュニケーション(英語力がつけば、さらにペナルティエリア内でのプレーが良くなる)



■ラファエル

バランス(速いウィンガーに苦戦する時がある。攻守のバランスが課題)



■エブラ

ポジショニング(上がり過ぎる時がある)



■フィル・ジョーンズ

サッカーIQ(タックルし過ぎるところがある。ケガを防ぐためにも自制する時も考える)



■ファーディナンド

機動力(ベテランには酷だが、スピードが弱み)




■ジョニー・エバンス

スライディング



■バレンシア

爆発力



■アンデルソン

パス



■ルーニー

態度(移籍を志願したことなど)



■ギグス

ボランチとしての能力(大ベテランには酷だが、キャリックの隣でプレーするなら必要な能力)



■スモーリング

意識(空中での強さと上背がある割にスピードはあるのだが)



■リンデゴーア

自信(WBAとの最終戦で5失点)



■エルナンデス

90分間を通して高いレベルでのプレー



■ヴィディッチ

健康



■キャリック

昨シーズンのようなプレーをすること



■ナニ

安定性



■アシュリー・ヤング

1対1のスキル(創造性に欠ける)



■ウェルベック

フィニッシュ(昨シーズン39試合2ゴール)



■ファンペルシー

空中戦の能力(世界トップクラスのストライカーを批判しにくいが、あえて挙げるなら)



■クレバリー

中盤を支配する力(創造性に欠ける)



■ビュットナー

強いチームと戦える能力



■香川真司 ⇒ フィジカル

ファーガソンは「ドイツとプレミアはフィジカルの違いがある。しかし、来シーズン、香川はさらに良くなる」と話した。香川はシーズン終盤に大きな才能を持っていることを示した。だが、香川の得意とするポジション外でのプレーとケガに苦しんだ。プレミアでのフィジカルの適応は時間が経てば良くなるだろう。




この記事のコメント欄の香川に対する反応

ソースhttp://bleacherreport.com/articles/1677832-1-thing-each-manchester-united-player-must-improve-this-offseason



■香川の課題はフィジカル、バランス、ディフェンス能力。



  ⇒香川のバランスは素晴らしいよ。




  ⇒香川はボールを前に持っていくのは上手い。スライディングもためらわない。




■香川の課題は同意する。もう少しフィジカルに上手く対処する必要がある。来シーズン、フィジカルで潰されるターゲットになってしまうからね。

スポンサードリンク