■海外の反応■噛みつきのルイス・スアレスが4カ月の出場停止処分。ウルグアイ代表だけではなくリバプールの試合にも影響
WS000010
スポンサードリンク


ウルグアイ・スアレス“かみつき”で4カ月の活動停止…W杯残り試合も出場できず

 24日に行われたサッカーW杯・イタリア戦で、DFに噛み付いたとされるウルグアイのFWルイス・スアレスに対して、国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は日本時間26日、4カ月の活動停止と9試合の出場停止、さらに10万スイスフラン(約1100万円)の罰金処分を下した。FIFAの公式ホームページで発表された。

 ウルグアイはグループリーグD組を2位で突破し、決勝トーナメントに進出しているが、この処分は28日の決勝トーナメント1回戦・ウルグアイ‐コロンビア戦から適用されるため、スアレスはW杯の残り試合には出場できなくなった。

 24日に行われたW杯の1次リーグ・イタリア戦、スアレスは相手DFキエリーニにかみついた疑いがあり、FIFAが調査に乗り出していた。映像ではスアレスがキエリーニの左肩に顔を寄せ、かみついているように見える場面をとらえており、キエリーニも左肩のユニホームをずらし、かまれたことを主張していた。

 試合中には、スアレスのファウルが取られたものの、カードの提示は無し。猛烈抗議のイタリア陣営に向けては、スアレスも「ピッチ上で起こりうること」と涼しい顔で“無罪”を主張していたが、調査によってあえなく“御用”となった。

 スアレスは今大会、ウルグアイのエースとしてグループリーグ2試合に出場。19日のイングランド戦で2得点をマークするなど、活躍を見せていた。だが“噛み付き癖”は今回に始まったことではない。アヤックス時代の10年12月にPSVのDFバッカルの左肩にかみついて7試合の出場停止処分。さらにリバプール移籍後の13年4月、チェルシー戦でDFイバノビッチの右腕をかみ、10試合の出場停止処分を受けている。

 圧倒的な得点能力は誰もが認める一方で、南アフリカで行われた前回大会には、故意のハンドで相手の得点を防ぐなど、ルール無用な悪癖も持つ。ウルグアイは過去にW杯制覇経験を持つ3カ国が同居する「死の組」を2位突破。C組1位のコロンビアと8強をかけて29日に対戦経験だったが、スアレス不在で戦うことになる。

 今回の一件で、かみつきによる出場停止は通算26試合となったお騒がせ男は、3度目の処分で“牙を抜かれる”ことになるのか。

デイリースポーツ
引用元http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140626-00000081-dal-socc

引用元
http://www.dailymail.co.uk/sport/worldcup2014/article-2670831/Luis-Suarez-banned-four-months-ALL-football-bite-Georgio-Chiellini.html
http://www.goal.com/en/news/3790/world-cup-2014/2014/06/26/4915909/suarez-banned-for-four-months?ICID=OP


 3rd Time! Luis Suarez BITES Giorgio Chiellini on the shoulder during Italy 0   Uruguay 1 [GIF & Vines]



英デイリー・メールとGoal.comのコメント欄より

■完全におかしな処分だ。軽い処分だから、もっと重くすべき。


■素晴らしい!


■リバプールはこの件でスアレスを訴える必要がある。


■スアレスは軽い処分になった。彼は幸運に感謝しないと。


■一流の厄介者。


■4ヶ月?スアレスが選手を噛んだのは3回目だ。もっと出場停止期間が長い処分を受けるべきだった。


■あまり厳しくない。リバプールファンが彼をサポートし続けることを願う。


■スアレスがもしワールドクラスの選手ではなかったら、処分はどうなっていたのだろう。


■笑わせるね。最低でも1年間にすべき。


■リバプールのロジャース監督は怒っているに違いない。


■スアレス、お前はクラブ、国、家族の恥だ。


■スアレスを罰することは正しい。サッカー界にとって不名誉であり恥。


■4ヶ月は少ない。また、スアレスは誰かをすぐに噛むよ。


■(リバプールファン)スアレスは間違いなく処分を受けるべき。1年間の出場停止処分にすべき。3回目の噛み付きなんてバカげている。スアレスはどれだけ多くの人、国、クラブを失望させたかを理解してほしい。


■(リバプールファン)リバプールにとってマイナスだけど、スアレスは罰を受ける必要がある。彼は愚かなことをした。FIFAの処分には賛成。


■4ヶ月の出場停止処分の開始が今から始まるなんて理解できない。8月16日まで試合が無いのに。それでは、処分は約半分になる。


■4ヶ月?おいおい、それは処分ではなく、バケーションだよ。


■それだと、ウルグアイよりリバプールの方が被害が大きい。訳わかんない。


■リバプールにはスアレスの12週間分の給料を没収してほしい。200万ポンドあれば、代役を獲得するのに十分だろう。


■ピッチ外で3人も噛んだら、刑務所行きだよ。


■FIFAは代表の時にだけ出場停止にするのかと思った。リバプールファンとして腹が立つ。もうスアレスがリバプールのシャツを着るのを見たくない。サッカーファンとして、彼にはもっと厳しい処分を与えてほしい。


■素晴らしい才能を持った選手だけど、実に嫌な行為だ。もっと厳しい処分がふさわしい。リバプールファンとして、彼を売ってほしいよ。間違いなく、リバプールは彼の才能が恋しくなるだろう。しかし、リバプールは彼のマナーを大目に見るべきではない。


■気分の悪い結果だ。これはFIFAの力が弱いということを証明している。リバプールはすぐに彼を出すべき。彼がプレミアでプレーするのをもう見たくない。


■スアレスはリバプールを巻き込んだことを恥じるべき。


■少なくとも、レアル・マドリードとバルセロナはすぐにスアレスとサインしないだろう。


■処分を受けるのが妥当。スアレスは素晴らしいサッカー選手なのに残念。


■650万ポンドの罰金、、、スアレスは3日で稼ぐよ。


■リバプールはその4ヶ月間もスアレスに給料を払わないといけないの?


■悲しいのは、スアレスは素晴らしいサッカー選手だけど、歴史は彼の振る舞いだけを記録に残すだろうという点。


昨年のコンフェデレーションズカップのウルグアイ対イタリア戦でも、スアレスがキエッリーニを噛もうとしていたのでは?という写真が出回る

suares
スポンサードリンク