■海外の反応■アシュリー・コール「イングランドの選手は海外移籍を恐れている」
WS000004
スポンサードリンク


33歳で海外挑戦のA・コール「イングランド人は海外を怖がっている」

 ローマへの加入が決定した元イングランド代表DFアシュリー・コールは、同クラブ初のイングランド人選手となった。15日にクラブ公式記者会見で、同選手は海外挑戦への意気込みと共に、イングランド人の海外移籍が少ない理由を語っている。

 昨シーズン限りで8年間過ごしたチェルシーを退団したA・コールは、7日にローマとの2年間の契約にサインした。

 A・コールはローマ加入について、「このクラブは、大きく野心的だ。自分にとって、素晴らしいチャレンジとなるはずだよ」と、33歳にして海外移籍という新しい挑戦に期待をこめたコメントをしている。

 一方で、これまでのセリエAの歴史の中でイングランド人選手が非常に少ないという点を踏まえ、イングランド人が海外でのプレー経験が少ないことについて自身の見解を以下のように述べている。

「たぶん、イングランドの選手は海外に移籍するのを少し恐がっているんじゃないかな。彼らはイギリスの文化に慣れているし、自分の国にいるのが一番だからね。ただ、僕は今回の移籍を通して、新しい言語と文化に触れることができるチャンスを非常に嬉しく思っているよ」

 また、この会見の中でA・コールは、ローマを率いるリュディ・ガルシア監督についても言及している。

「良い監督というのは、自分の指導する全ての選手を最後まで戦わせることができるものなんだ。僕はこれまでのキャリアの中で、ヴェンゲルやモウリーニョ、スコラーリといった偉大な指揮官の下でプレーしてきた。そして、このローマでも同様の素晴らしい指揮官と仕事ができることを確信しているよ」

 アシュリー・コールは1980年生まれの33歳。アーセナルの下部組織出身で、トップチーム昇格後、2006年までプレーした。同年にチェルシーへ移籍し、数々のタイトル獲得に貢献。2013-2014シーズンはプレミアリーグで17試合出場にとどまり、シーズン終了後に退団を表明、ローマ加入が決定した。

(記事/超ワールドサッカー)

SOCCER KING
引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00212272-soccerk-socc


引用元
http://www.reddit.com/r/soccer/comments/2argjk/ashley_cole_roma_signing_says_english_players/
http://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/serie-a/10968727/Ashley-Cole-says-English-players-happy-to-stay-in-comfort-zone-in-England-rather-than-test-themselves-abroad.html



サッカーフォーラム等より

■(マンCファン)これはイングランドのサッカーにとって大きな問題。私たちは、イングランドの若い選手たちがプレミアリーグでプレーするチャンスが無いと、不満を言う。しかし、彼らは経験を積むために海外へ行こうと考えない。


  ⇒(カーディフ・シティファン)ホーム・グロウン制度は役に立たない。マンCのようなクラブにとっては若いイングランドの選手たちを登録リストにキープ出来るという恩恵がある。そして、ファーストチームの経験を積ませるためにローンへ出すのではなく、プレーさせずにチーム内にキープするだけ。

ホーム・グロウン制度

プレミアリーグでは2010-11シーズンより「ホーム・グロウン・ルール」が導入された。これは、トップチームの登録人数を25人以内とし、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに、3シーズンもしくは36か月以上イングランドおよびウェールズのチームでプレーした選手(選手の国籍は問わない)を8人以上登録しなければならないというルールである。

wikipedia
引用元
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%9E%A0_(%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC)#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.B0.E3.83.A9.E3.83.B3.E3.83.89.E3.83.BB.E3.82.B9.E3.82.B3.E3.83.83.E3.83.88.E3.83.A9.E3.83.B3.E3.83.89


    ⇒(マンCファン)ホーム・グロウン制度は、お話にならない制度。その制度の正確な基準までは覚えていないが、21歳までに少なくとも3年間を国内で過ごした選手が該当するんでしょ?イングランド人ではないセスク(スペイン人)がホーム・グロウンの選手になる。だって、セスクは16歳でアーセナルと契約したから!


      ⇒(リバプールファン)問題は、ホーム・グロウン制度に、イングランドに帰化する等のさらに厳しいルールを追加したとしても、そんな厳しいルールはヨーロッパの法廷では通じないということ。ヨーロッパ域内の自由な動き、雇用法などの障害になると見なされてしまうから。


■ホーム・グロウン制度は若いイングランドの選手の成長を妨げる以外にも、イングランド代表にとって何の意味も無い。その制度は、クラブをただ困らせるだけ。


■フランス代表のクリシーもホーム・グロウン。


■(マンUファン)確か、クリスティアーノ・ロナウドもそうだったはず。


■(チェルシーファン)、(ファーストチームの経験を積ませるためにローンへ出すのではなく、プレーさせずにチーム内にキープするだけ、について)それは全く違う。チェルシーは多くの若いイングランドの選手たちを喜んでローンに出している。


  ⇒(ウェストハムファン)確かに。しかし、チェルシーのポリシーは他と全然違う。チェルシーは出来るだけ多くの若い選手と契約し、全てローンに出し、そのうち半分の選手が成功してくれればと願う。


    ⇒(チェルシーファン)そして、選手たちを最低限度の利益で売る。もし、45人の平凡な選手がいたとして、その全員を1ミリオンで売ることが出来たら、合計45ミリオン手に入る。私はこのシステムが好きかな。だって、クルトワやルカクのような選手が時々出てくるから。


      ⇒(二つ上と同じウェストハムファン)うん、私は批判しているわけじゃない。他のクラブと全然違うことをしていると言っただけ。


        ⇒(マンUファン)イタリアのクラブも同じようなことをしている。パルマなんか100人以上の選手をローンに出しているみたいだよ。出来るだけ多くの有望株を買い、選手たちが売却益を生み出すくらい良い選手になることを期待する。

※パルマがローンに出している選手の一部。103人ほどいるかと。
WS000003
引用元http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%9EFC

■(リバプールファン)海外に行ってプレーするより、イングランドに残ってベンチを温める方が、お金を稼げるということが問題の大部分を占めていると思う。


■(アトレティコ・マドリードファン)ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガなどのクラブはイングランドの選手を必要としていない。


  ⇒(マンCファン)イングランドの選手は19~20歳で週給2万ポンド貰う。仕事の保証も無く、全然知らない国で短年契約、イングランドの80%の給料、そんな他のヨーロッパのチームと契約するよりも、イングランドで5年契約を結んでダラダラと過ごしたがる。それは一番楽な選択。外国の選手がイングランドに来て、給料が少なくなったという話を、私は聞いたことが無い。それがイングランドに来る唯一の理由。同じような理由でイングランドの選手もイングランドに残る。ベッカム、オーウェン、ウッドゲート、ベイルらと同じような、とんでもないオファーが来ない限りね。


■FA協会がイングランドの選手に海外移籍するよう奨励するプログラムを開始するべきだ、と考える私はおかしいのかな?


■プレミアの選手が最高の給料を貰っていることを考えれば、彼らが海外移籍しないことを責めることが出来る?イングランドのホームで満足しているのに、海外に行って失敗するリスクをなぜ冒す必要がある?


  ⇒イングランドのトップレベルで成功できなくても、非常に良い給料を払ってくれるイングランドのクラブが2部以下にもたくさんある。基本的に、平凡な選手にとってイングランドはかなり良い場所。


■(マンUファン)これはアシュリー・コールの少し猫かぶりな発言ではないか?チェルシーはアシュリー・コールが必要ないので、コールは33歳で移籍する。それだけの理由だよ。平均的な給料を貰っている選手が、プレミアよりも高い給料をイングランド以外のクラブからオファーされたら、多くの選手は海外に移籍するだろう。


  ⇒そうだね。コールはイングランドの選手たちが海外に移籍することを恐れていると話した。コールが全盛期の時だったら、彼は絶対に海外移籍をしなかっただろう。


■コールは、「英国の選手たちはたぶん海外に出ることを恐れている。彼らはイングランドの居心地のいいところにとどまってしまう」と話しているだけで、「海外に移籍すべき」とは言っていない。


■私たちが他の国の言葉を習得するのが苦手だからじゃないかな?イングランドの選手は、チームメイトと上手にコミュニケーションが取れない海外へ移籍する勇気が無い。言語面で改善できれば、イングランドの選手はもっと海外移籍すると思う。イングランドの選手が海外に行くリスクを非常にためらうのは、とても残念。コールの移籍で、もっと拍車がかかってほしい。でも、起こりそうもない。


■(フランス)だから、イングランド代表は良くならないんだ。彼らはどの対戦相手にも同じようなサッカーをする。そのため、誰もチームに違いをもたらさない。
スポンサードリンク