■海外の反応■チェルシー、今夏の獲得候補にポグバ、ベイルら14名…英紙デイリー・メール予想
WS000005
スポンサードリンク


王者チェルシー、今夏の獲得候補にベイル、ポグバら14名…英紙予想

 イギリス紙『デイリー・メール』は、プレミアリーグを制したチェルシーが今夏に獲得を狙っている選手14名をリストアップした。

 チェルシーは3月にキャピタル・ワン・カップを制し、3日には5シーズンぶり5度目のプレミアリーグ制覇を成し遂げて大きな成果を収めた。一方でチャンピオンズリーグではベスト16に終わり、来シーズンの躍進に向けてクラブは更なる補強を考えている模様だ。

 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)が導入されて以降、大型補強が難しくなっているチェルシーだが、クラブは余剰人員を整理し、今夏の移籍市場で数名の選手をチームに加えようとしている。まず第一候補となるのは、レアル・マドリードのウェールズ代表MFガレス・ベイルだ。同選手は度々移籍の可能性を報じられており、マンチェスター・U、バイエルンらと獲得を争うことになりそうだ。同選手にかかる移籍金は8000万ポンド(約145億2600万円)と予想されている。

 続いて、今夏の移籍市場の目玉とも言われているユヴェントスのフランス代表MFポール・ポグバだ。ユヴェントスは基本的に同選手を放出する意志は無いようだが、高額な移籍金が提示された場合はそれもどうなるかわからない。獲得にかかる費用は最低でも5800万ポンド(約105億3000万円)と推測される。

 主将を務める元イングランド代表DFジョン・テリーは34歳を迎えた。高齢化が進むDFラインには、同選手の後釜としてレアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァランが獲得候補として挙げられているようだ。さらにチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、レアル・マドリード時代にヴァランを獲得した張本人であり、同選手の能力を高く評価している。獲得には3000万ポンド(約54億4700万円)が必要なようだ。

 その他の候補としては、アトレティコ・マドリードのブラジル代表DFジョアン・ミランダ、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット、日本代表DF長友佑都が所属するインテルのFWマウロ・イカルディ、パレルモのFWパウロ・ディバラなどが挙げられている。


『デイリー・メール』紙予想のチェルシー獲得候補は以下のとおり。

・ガレス・ベイル(レアル・マドリード/MF)8000万ポンド(約145億2600万円)
 
・ポール・ポグバ(ユヴェントス/MF)5800万ポンド(約105億3000万円)
 
・ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/DF)3000万ポンド(約54億4700万円)
 
・ジョン・ストーンズ(エヴァートン/DF)3000万ポンド(約54億4700万円)
 
・マウロ・イカルディ(インテル/FW)2500万ポンド(約45億4000万円)
 
・パウロ・ディバラ(パレルモ/FW)2400万ポンド(約43億6000万円)
 
・ジョアン・ミランダ(アトレティコ・マドリード/DF)2200万ポンド(約39億9000万円)
 
・アレクサンドル・ラカゼット(リヨン/FW)2000万ポンド(約36億3000万円)
 
・ドウグラス・コスタ(シャフタール/MF)2000万ポンド(約36億3000万円)
 
・シェイマス・コールマン(エヴァートン/MF)2000万ポンド(約36億3000万円)
 
・アーロン・クレスウェル(ウェストハム/DF)1500万ポンド(約27億2000万円)
 
・ジャネリ・インビュラ(マルセイユ/MF)1500万ポンド(約27億2000万円)
 
・マーカス・ベッティネッリ(フルアム/GK)200万ポンド(約3億6000万円)
 
・ルイス・アドリアーノ(シャフタール/FW)フリー移籍

SOCCER KING


引用元
http://u111u.info/kHPO


英デイリー・メールのコメント欄より

■クル・ズマは1200万ポンドで獲得出来たのに、ジョン・ストーンズが3000万ポンド?イングランドの選手がいかに過大評価で、いかに高価すぎるかを示している。ジョン・ストーンズは選手としてズマの1/4にもならない。


■3000万ポンドでロイスを買えるのに、なぜベイルを買う?


  ⇒ロイスは解約条項を無くす契約をしたでしょ。


  ⇒ロイスはケガが多すぎる。リスクを冒す価値は無い。


  ⇒ロイスはケガしやすけど、チェルシーにはそれを防ぐ素晴らしいメディカルスタッフがいる。


  ⇒それに、ルイス・アドリアーノはフリー。


■ベイルも怪我がちだけどね。


■チェルシーはアザール(年間最優秀選手)を3200万ポンドで獲得した。それなのに、どうしてチェルシーがベイルに8000万ポンドも出すと思うのか?


  ⇒トーレス獲得に5000万ポンド使った。


■私たちはリーグ優勝したばかり。まずは、お祝いさせてくれ。移籍の話は移籍市場が始まった時にしよう。


■ジョン・ストーンズとヴァランの価値が同じ?冗談かよ。ヴァランはワールドクラスの選手で、将来はベストのディフェンダーになるだろう。既にスペインリーグとチャンピオンズリーグのタイトルも獲得している。ストーンズはプレミア中位でプレーしている。プレー内容も良い時と悪い時がある。


■レアル・マドリードはヴァランを売らないと思う。ヴァランは非常に良いプレーをしているし、スタメンも増えてきている。ヴァランは素晴らしい才能を持ち、強さとスピードを併せ持ち、めったにイエローカードを受けず、これから何年もプレー出来る。


■アカデミーの選手を連れてくるのはどうかな?素晴らしい考えだと思うよ。


■イングランドの選手がこんなに高いのはおかしい。彼らはヨーロッパの他の国のビッグクラブから関心を受けていない。それなのに、なぜこんなバカバカしい金額なのか?


■選手がチームを出たい時、レアル・マドリードは選手を売る。金銭面や生活水準を向上させるためにレアル・マドリードを出たいと思う選手なんていない。マンCならレアル・マドリードより良いオファーが出せそうだが。


■ウィリアンはさらに良くなるだろうから、ベイルは必要ないだろう。しかし、ベイルがいればワールドクラスになる。テリーは歳を取った。ケーヒルは信頼できない。ヴァランがメインターゲットになるはず。ポグバは高すぎる。ルーベン・ロフタス=チークが成長するまでオスカルを信頼し続けてもいいと思う。


■チェルシーはストライカーが必要。ジエゴ・コスタは素晴らしいが、ケガのリスクがある。レミーはイマイチ。ドログバはあまりに歳を取った。チェルシーの守備は強く、中盤はさらに強い。だから、ジエゴ・コスタの控えだけが欲しい。そのための大金が必要。そうすれば、ヨーロッパでも戦える。ベイルでも良いかもしれないが、8000万ポンドは無い。そして、テリーとイバノビッチの年齢にも注視する必要がある。しかし、少なくとも、もう1シーズンは大丈夫だろう。


■チェルシーは前線の選手のゴールがもっと必要。MFやDFではなく。


■マティッチにはオスカルやラミレスに代わる選手が必要。


■チェルシーは既に強いから、新たに選手を買わなくても、優勝できるよ。


■想像してみて。ジエゴ・コスタ、アザール、セスク、ベイル、マティッチ、ポグバ。やばいよ。


■ベイルは高すぎるから、私ならオーバメヤンをターゲットにしたい。


■アーロン・クレスウェルはイバノビッチの良い代役になるだろう。イバノビッチも永遠にプレー出来るわけじゃないから。



ブログ主の感想
 
夢が広がる記事ですね笑。最近はファイナンシャル・フェアプレーの影響で、ビッグクラブと言えども大金をジャブジャブ使えなくなりました。マンUは例外かもしれませんが笑。チェルシーは昨年、マタ、ダビド・ルイスを高額で売却しました。とても賢いやりくりをしています。

個人的にはポグバをプレミアで見てみたいと思います。もしポグバがチェルシーに入ったら、マティッチとポグバが中盤。。。恐ろしい笑。
 
スポンサードリンク