■海外の反応■モウリーニョ氏のマンU就任が決定か。年俸約26億円で契約へ
 WS000009
スポンサードリンク


モウリーニョ監督のマンU就任が決定か。年俸26億円で契約へ

 ジョゼ・モウリーニョ氏のマンチェスター・ユナイテッド監督就任が決定的となっているようだ。10日、スペイン紙『エル・コンフィデンシャル』が報じている。

 同紙は「まだ公式ではない」と前置きをしたものの、「数日中に決定するだろう」と報じた。モウリーニョ氏はユナイテッドと年俸2000万ユーロ(約26億円)で2019年まで契約を結ぶとみられている。この報道をイングランドメディアが一斉に引用。イングランド国内ではほぼ決定事項と捉えられている。

 モウリーニョ氏は2013年に再びチェルシーの指揮官に就任。2014/2015シーズンはプレミアリーグ優勝を成し遂げたものの、今季成績不振によって解任されていた。ユナイテッドのライバルクラブであるマンチェスター・シティにはジョゼップ・グアルディオラ監督の就任が決定している。来季のマンチェスター・ダービーは大きな注目を集めそうだ。

フットボールチャンネル
引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160211-00010001-footballc-socc

引用元
http://goo.gl/WJf5fw


レッドカフェより

■本当かよ!モウリーニョが、うちの監督になれば最高だ。


■あまりモウリーニョのことは好きじゃないけど、獲得できそうな候補の中では彼がベスト。


■嬉しい。来シーズンが今から楽しみ。


■来シーズン、マンUはペップと同じくらいの能力を持つ監督が必要。モウリーニョなら、やってくれる。


■モウリーニョはマンUに偉大な結果を残さないかもしれない。しかし、優勝に向けて非常にタフな試合をしてくれるだろう。モイーズより悪い結果になるのは、ほぼ無いと思う。


■私たちはモウリーニョの下でチャンピオンズリーグのタイトルを獲得するだろう。未来が、より明るくなった。


■ペップがマンCとサインしていなければ、私はポチェッティーノ、コンテ、ブラン、ギグスといった候補者にリスクを賭けて選んでみても良いと思った。しかし、マンCが最強のチームになる可能性があるのに、実力が証明されていない監督を選ぶのは非常に大きなリスクがあるだろう。私たちはマンCを止める必要があった。それが唯一出来るのはモウリーニョだけ。


■モウリーニョはチェルシー時代、ルカク、デ・ブライネのようなクオリティーのある若い選手を売った。そして、チェルシーは弱いチームになった。そして、モウリーニョのチームはファン・ハールよりもシュート数が少ないし、枠内シュート数も少なくなる。さらに、モウリーニョは他人を非難するし、審判も非難する。


  ⇒ルカクはW杯でプレーするためにチェルシーから移籍したかったと言っていた。デ・ブライネは、モウリーニョから移籍しないでほしいと言われていたことを明らかにしたよ。


■モウリーニョは、ここで成功するだろう。


■モウリーニョ対ペップ。ダービーのレベルが上がる。


■マタに、さよならを言わないと。


■非常にワクワクしているよ。しかし、大きな不安もある。マタはマンUからいなくなる可能性があると思う。


■ようやく、クラブからポジティブな要素が出てきた。資金面でモウリーニョを支えれば、かつてのマンUに戻れるかもしれない。


■ファーガソンの次に監督になるのはモウリーニョのはずだった。そうすれば、チャンピオンズリーグのタイトルを獲得していたと思う。しかし、遅くなったとはいえ、モウリーニョを獲得できて良かった。


■以前にも述べたかもしれないが、モウリーニョが素晴らしい監督であるのは証明済み。モウリーニョはオールド・トラッフォードにクオリティーのある選手を呼びこむためのカリスマを持っている。その2つの理由で、私ならモウリーニョが欲しい。


■一つ言うと、モウリーニョが私たちの監督になれば、メディアは久しぶりに私たちの味方になるだろう。イギリスメディアはモウリーニョが大好きだから。


■6月に、どんな新しい選手が来るか楽しみだ。


■モウリーニョがグリーズマン、ジョン・ストーンズ、オーバメヤンを好きなのは、よく知られている。モウリーニョがチェルシーにいた時、それらの選手の噂が絶えずあった。


■モウリーニョの就任に興奮している。ただ、モウリーニョは1年目のジンクスがあるから、来シーズンの見通しに関してはワクワクしないかな。


■素晴らしいニュース。意欲的なモウリーニョを全力で支えるよ。私たちはモウリーニョと共に再びトップに戻るだろう。


■エレーラはモウリーニョのチームだと機能するかもしれない。エレーラは運動量があるから。オスカルのようなポジションになりそう。


■モウリーニョが就任するなら、とてもうれしい。いつもモウリーニョのことを尊敬していたよ。


■モウリーニョ、クロップ、ペップ、そしてチェルシーの誰か新しい監督。これは楽しみだ。


■モウリーニョについて不安になっている人がいると思うけど、その心境は理解できる。わたしも不安だし、あまりモウリーニョのことが好きではない。理想はペップかクロップ。しかし、今の状況を考えれば、モウリーニョに行き着くのは、考えるまでもない。モウリーニョ、ギグス、さらにファン・ハールがもう1年という3つの選択肢があるのなら、残念だけど、モウリーニョかな。


■モウリーニョと、さらにズラタンまで夏に来れば素晴らしい。


■全く嬉しくない。ポチェッティーノかシメオネの方が良かった。でも、ギグス以外なら誰でもいいかな。だから、あまり不満は言わないよ。


■モウリーニョを支持しない人たちがいるけど、モウリーニョの他に誰か適任がいる?ポチェッティーノは夏にトッテナムを離れないよ。


■モウリーニョを嫌う人たちの気持ちはわかる。なぜなら、モウリーニョだからだ。しかし、私たちが獲得出来そうな監督の中で、モウリーニョがベストなのは容易に理解できる。あらゆる面で理にかなっている。


■モウリーニョが欲しい選手を獲得してあげれば、来シーズンの優勝も期待できる。


■もしマンUがモウリーニョと契約するなら、契約条項に彼の振る舞いに関する条項を含めてほしいね。


■モウリーニョが嫌いだから、監督になってほしくない。しかし、もし監督になるなら、モイーズとファン・ハールの時みたいにサポートするよ。


■よし。これで、これから長年にわたって試合を楽しむことができる!


海外の反応は以上です。



・ブログ主の感想
モウリーニョのいるマンU。どういうチームになるのか。非常に楽しみです!ペップとの対決も楽しみ!ちなみに、レッドカフェのアンケートでモウリーニョ就任を好ましく思っているファンは約80%でした。

私が海外サッカーを見るようになったのは2009年から。まだわずか7年くらい。私が初めてモウリーニョを知ったのは2008年。中田英寿選手主催の親善試合にモウリーニョが監督して来日。それがニュースで報道され、試合もTV中継されました。そこで初めてモウリーニョをTVで見ました。その親善試合の日本選抜チームの監督が釜本さんでした。確か、試合終盤に少しだけ出場していた記憶があります。。。。笑。懐かしいな(´・ω・`)
スポンサードリンク