■海外の反応■酒井高徳所属のハンブルガーがラッバディア監督を解任!ギズドル氏が新監督に就任
HSV
スポンサードリンク


酒井高への影響は? 開幕5戦で1分4敗のハンブルガーSV、監督交代を発表

 日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVは25日、ブルーノ・ラッバディア監督の解任と、マルクス・ギズドル氏の新指揮官就任を発表した。

 昨シーズンのブンデスリーガを10位で終えたハンブルガーSVは今シーズン、開幕5試合を終えて1分け4敗と低迷。勝ち点1で16位に沈んでいる。24日の第5節バイエルン戦では、王者相手に奮闘したものの0-1と敗戦。最近3試合では得点すら奪えず、4連敗を喫している。

 成績不振を受け、ハンブルガーSVはラッバディア監督の解任を決定。同監督はクラブ公式HPを通じて「この18カ月間、自分をサポートしてくれた全てのファンとスタッフ、チームに関わる全ての人に感謝したい。バイエルン戦のように勇敢なプレーを続けて、勝ち方を再び見つけてほしい。後任を務める人物がベストを尽くしてくれればと思う」と、コメントを寄せている。

 そして同クラブは、ラッバディア監督の解任を発表した25日の夜に後任を決定。かつてホッフェンハイムで指揮を執っていたギズドル氏の就任を発表した。契約期間は2017年6月30日までと併せて発表されている。

 ギズドルは現在47歳。2009年からホッフェンハイムのリザーブチームを指導し、2011年からはシャルケのアシスタントコーチを務めた。2013年4月にホッフェンハイムの指揮官に就任したが、昨年10月に解任されていた。

 ハンブルガーSVは次節、10月1日に日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンとアウェーで対戦。新体制で今シーズン初勝利を目指すこととなる。

 酒井は今シーズン、開幕5試合全てにフル出場している。ラッバディア前監督同様、ギズドル新監督からの信頼を勝ち取ることはできるだろうか。

SOCCER KING 
引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00497346-soccerk-socc

引用元
https://goo.gl/xY95q8、https://goo.gl/9fD9Ga、https://goo.gl/YkBNP3、https://goo.gl/EA323q


英語のサッカーフォーラムより


■(ドルトムントファン)そして、ハンブルガーは数カ月後にマルクス・ギズドルも解任するだろう。


 ⇒(ハンブルガーファン)ラッバディアはハンブルガーに1年半いたけど、ここ最近のブンデスリーガの監督の中で言えば、おそらく平均より上の出来だった。


■(ケルンファン)今シーズンのブンデスリーガはまだ第5節が終わったばかりなのに、既に2人目の監督解任だ。
しかし、なぜバイエルンに負けた後にラッバディアをクビにしたのか?バイエルン戦の敗戦は予想されていたことなのに。


 ⇒いずれにせよ、ハンブルガーはラッバディアを解任したかったのだと思う。
バイエルン戦は完敗すると思っていたので、新監督に悪いスタートを切らせたくなかったのだろう。


 ⇒(ハンブルガーファン)ラッバディアの解任は先週の土曜日のライプツィヒ戦にホームで0-4の敗戦を喫したことで基本的に決まっていた。そして、木曜日に遠く離れたアウェーのフライブルクで試合があった。それから、昨日のホームでのバイエルン戦のために長距離移動をした。なので、今日より前に監督を変えても無意味だっただろう。なぜなら、新監督の下でトレーニングする時間を多く取れないから。


■ハンブルガーは決して学ぶことはないだろう。


■今シーズンのハンブルガーは降格プレーオフに向けて準備しているね。


■(ブレーメンファン)マルクス・ギズドルがブレーメンではなくハンブルガーを選んでくれて、なんだか嬉しい。


■私はビラス・ボアスがハンブルガーに行ってほしかった。でも、正直に言うと、ビラス・ボアスにはシャルケに行ってほしくないな。


HSVのTwitterとfacebookのコメント欄より
※ドイツ語

■現在のチームの状況は置いといて、ラッバディアは本当に良い監督だった。


■クラブは恥を知ってほしい。クラブは雇った人をうまく扱えない。


■監督の交代がチームを助けると思わない。責めるなら選手を。


■クラブはまたも恥を晒した。ディトマール・バイエルスドルファーCEOも含めてクラブから出ていく役員は誰かいるのか?


■バカげた解任。チームはバイエルン戦で良いパフォーマンスを見せたのに。
もはやハンブルガーが昔のような強さを戻すことはないだろう。


■毎回監督に責任を押し付けるのは本当に誤った考えだ。新しい監督が来ても何も変化は起きない。


■(英語、ヘルタ・ベルリンファン)恥だね。監督を交代するのではなく、サッカークラブの運営方法を理解している人と適切な選手を獲得できる政策を持った人を招き入れた方が良いのでは?


■まぁ、もはやハンブルガーの監督交代劇は驚きではない。


■マルクス・ギズドルを監督にしたのは良い判断だと思う。若いチームを巧みに操る術を持っている。


■新監督も長く持たない。クリスマスには去っているだろう。来年の夏にはディトマール・バイエルスドルファーCEOに去ってもらいたい!


■マルクス・ギズドルは候補者の中で最も最悪な選択だと思う。本当に失望しているよ。


■マルクス・ギズドルは降格しそうだったホッフェンハイムを救ったことがある。彼は良いサッカーをするし、若い選手を軸にチームを作り上げる。


■私たちはマルクス・ギズドルに十分な時間とチャンスを与えないといけない。


■ラッバディアは救世主からスケープゴートへ。


■マルクス・ギズドルがハンブルガーで成功することを願うよ。マルクス・ギズドルはチームを正しい方向に導くだろう。大切なことはマルクス・ギズドルがディトマール・バイエルスドルファーCEOらの操り人形とならないこと。


海外の反応は以上です。


□ブログ主の感想
酒井選手が初めて欧州に渡った時から関係のあったラッバディア氏。
情熱的な人でしたし、酒井選手を重用してくれていたので、去るのは残念ですね。

反応を見ると、今回のラッバディア監督解任、そして新監督のギズドル氏就任に関して失望の声と期待を寄せる声が入り混じっています。

ラッバディア氏は、2009年6月~2010年5月の期間にもハンブルガーで監督をしていました。
それから約6年。
その期間に12人もの監督が交代。
クラブの幹部を批判する声がファンから出るのも頷けます。

スポンサードリンク