【海外の反応】堂安律が今季3ゴール目!チームの全得点に絡む大活躍で絶賛相次ぐ!アルミニア・ビーレフェルトvsシュツットガルト

20210122144156


堂安律 タッチ集




試合ハイライト





堂安の“高難度”右足弾がドイツで高評価 「誰よりも多かった」と称賛された数値とは?(Football ZONE web)

 衛星放送「ユーロスポーツ」ドイツ版は、「ビーレフェルトは昇格組同士の直接対決を制すると同時に今季最高のパフォーマンスを見せた」と残留争いの中にあるチームにとって会心の勝利になったことを伝えるとともに、堂安についても「右サイドで相手にとって抑えづらい攻撃の牽引役となっていた」と攻撃面で大きな役割を担っていたと称えた。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」も評価点2(1が最高点、6が最低点)の高評価とともに、堂安を17節のベストイレブンの1人として選出している。

 また、ブンデスリーガ公式サイトでも堂安はシュツットガルト戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれているが、同サイトでは「クロスボールでシュツットガルトのDFマルク=オリバー・ケンプフのオウンゴールを誘発し、自らチームの3点目も決めた。ドリブルが武器のこの日本人は、チーム内最多となる3本のシュートを放ち、スプリント回数でも34回でチームの誰よりも多かった」と具体的なデータを挙げてシュツットガルト戦での堂安のパフォーマンスを評価している。

https://www.football-zone.net/archives/304682


堂安律、得点を誓っていた?ビーレフェルト監督は感謝「約束を果たしてくれてありがとう」(GOAL)

 また、地元メディアの記者に堂安のパフォーマンスへのコメントを求められた同監督は、「リツはホッフェンハイム(第16節の相手、結果は0-0)ですでに点を取ると誓っていて、約束を果たしてくれた。だから『ありがとう』と言いたい」と微笑みながら返答。「何度か話しているが、彼は一対一の状況を非常に上手く打開できる選手」と続けつつ、「見せ場をつくるのが後半に入ってからが多い。前半は何故かちょっと控え目なんだよね。これに関しては彼と話すだろう」とも“課題”を指摘していた。

https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/bundesliga-arminia-bielefeld-ritsu-doan-20210121/13tsgnxysvmzt1pv7ym4qot665


サッカーフォーラム、Twitter・Facebook・Instagram・Youtube等SNSのコメント欄より

■堂安のゴールはバイエルン戦で決めたゴールと似てる。
逆足も上手いんだね。

今回のシュツットガルト戦のゴール
堂安ごーるシュツットガルト

バイエルン戦のゴール
堂安バイエルンごーる


■堂安は左利きだが、縦にも行くし、リズムも独特なので守りづらそうだ。


■ビーレフェルトはチーム全体としてビルドアップに難があった。
そこからロングボール主体のサッカーに変え上手くフィットした。
また、以前は左SBのルコキが取り所としてよく狙われていた。
最近はルコキに代わってラウルセンが左SBを務めフィットしているように見える。


■ビーレフェルトはGKオルテガが遠くまでボールを蹴れるし、前線には190cm強あるファビアン・クロスがいる。
そのこぼれ球から何度もマイボールにしていた。
堂安が誘発した相手のオウンゴールも起点はそこからだった。

堂安おうんn


■クリバリは才能のある選手だけど好不調の波が本当に大きい。
ゴールを決めたドルトムント戦は最高の出来だったのに。


■ビーレフェルトのGKオルテガはとてつもないセーブを連発。
カライジッチは少なくとも2点は損した。

オルテガせーぶ1


オルテガ2


■(ビーレフェルトファン)ビーレフェルトにおいて堂安という存在はとてつもない。
違いの作れる選手だ。


■ビーレフェルトはよく走り・上背があり・フィジカルに長けた選手が多い。
攻撃陣においても、それは顕著。
ファビアン・クロス、コルドバ、ソウコウ、シッポロックといった選手たち。
そこに堂安がアクセントを加えることで上手く機能していると思う。


■(シュツットガルトファン)警戒すべき選手に得点を取られてしまった(ファビアン・クロスと堂安)


■(シュツットガルトファン)決定力の違いが試合を左右した試合。
私たちは何度外したんだ。


■(シュツットガルトファン)ワマンギツカとニコラス・ゴンサレスの不在が大きく響いた。


■(シュツットガルトファン)2失点目と3失点目は同じ過ちを犯した。
どちらとも8番(堂安)の左足をケアしすぎて、右側を空けすぎた。
防げた失点だった。


■(バイエルンファン)堂安はビーレフェルトにあまり長くいないと思う。
他のチームメイトよりもレベルが2つほど違う選手。


■(ビーレフェルトファン)堂安を愛してる!


■今季、ブンデスのサプライズの1人が堂安。
本当に彼のプレーは目の保養となる。


■それにしても、後半はとてつもない試合になったね。
マジックを使う堂安とワールドクラスのセーブで安定感のあったGKオルテガがハイライトだった。

堂安の魔法


■(ビーレフェルトファン)堂安がSNSで言及していたが、私たちの守備陣は本当に素晴らしかった。
勇敢な戦士たちだ。


■堂安を気に入ったよ。


■堂安は攻撃が見事だが、守備でも献身的。
右サイドバックのブルンナーはかなり助けられている。


■(ビーレフェルトファン)これからチームが勝てなくなる時が来たとしても、どうかノイハウス監督は絶対に解任しないでほしい。


■(ビーレフェルトファン)堂安を買い取るためなら、私も協力するよ!


■(ビーレフェルトファン)私たちのチームはなんて力強くて頼もしいパフォーマンスだったのだろう!


■(ドルトムントファン)私たちと戦った時のシュツットガルトと全然違う・・・。
(※ 12/12 第11節 ドルトムント 1-5 シュツットガルト)


■シュツットガルトだとクリモヴィッツは輝いていたと思う。



■(ビーレフェルトファン)今シーズン最高のゲーム!


■(ビーレフェルトファン)デュエルに果敢に挑み、シュツットガルトの選手たちよりも多く走った我々の選手たちを誇りに思う。


■(ビーレフェルトファン)攻撃のMOMは堂安、守備のMOMはGKオルテガ。


■(ビーレフェルトファン)またしても堂安は傑出していたね。


■(ビーレフェルトファン)ファビアン・クンツェが中盤を落ち着かせてくれた。


■(ビーレフェルトファン)堂安とファビアン・クロスは今日も素晴らしかった。


■(ビーレフェルトファン)卓越したパフォーマンスを見せた堂安とオルテガに注目が集まるが、今はチーム全体が本当に良い。


■(ビーレフェルトファン)この試合をスタジアムで観戦できていたら、どんなに最高だっただろうか。


海外の反応は以上です。


□ブログ主の感想
堂安がついに今季3点目!最近はゴールまでもう少しという惜しいシーンが多かっただけに、報われた結果となり良かったです(^o^) 毎試合のように魅せるプレーがあって、見る者を楽しませてくれる堂安。堂安が活躍してチームも勝利するという最高の結果です。 日本代表にもファビアン・クロスのような大きくて競り合いに勝てるFWが1人いると面白いなぁと思いました。2列目や周囲の選手が活きますよね。タイプは違いますが、大迫が最前線でキープしてくれることによって2列目の選手たちが活きていた時のように。
シュツットガルトは個人的にニコラス・ゴンサレスが好きです。速くて、足元も上手で、守備も頑張るし、そこまで背は大きくないですけど競り合いも強くて。シーズン前半戦にフランクフルトと対戦した時に長谷部とマッチアップしていました。バチバチにやりあってて面白かったです笑。お互いにイエローをもらうという笑。



おすすめ記事(外部サイト)