【海外の反応】乾貴士と武藤嘉紀がアトレティコ・マドリード戦に先発出場!武藤がPKを獲得しGKが蹴る!乾貴士はフル出場!【エイバル】

さむねふっと


武藤嘉紀、先制のPK獲得でチーム2位タイの評価も。乾貴士はスペイン紙から一定の評価(フットボールチャンネル)

 スペイン『アス』はフル出場の乾に星1の評価。また5人が同評価となったが、武藤はチーム2位タイとなる星2の評価となっている。エイバルではPKを決めたドミトロヴィッチ、アトレティコではスアレスが星3の最高評価を獲得した。同メディアは武藤について「最初の20分は何回か白と赤のDFの裏をとっていた」とコメントしている。

 また、スペイン『マルカ』は乾と武藤に星1つと一定の評価。スアレスに両チーム合わせて最高評価の3がつけられた。



武藤獲得PKをGKが決める珍事もエイバル逆転負け(日刊スポーツ)

 前半12分、自陣からのロングフィードへ走り込んだ武藤がペナルティーエリア右で相手FWカラスコに倒されてPKを獲得。このキッカーに志願したのは何とGKドミトロビッチ。相手GKオブラクの動きを読み、飛んだ方向とは反対のゴール左へ左足できれいに蹴り込み、首位相手に先制に成功した。

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202101220000037.html




ハイライト



サッカーフォーラム、Twitter・Facebook・Instagram等SNSのコメント欄より

■いきなり武藤はPKを獲得する大仕事をした。

武藤PK


■(ニューカッスルファン)武藤よくやった。


■後ろから踏まれてる。
これは痛そう。


■(アトレティコ・マドリードファン)カラスコ・・・軽率すぎる。


■PK戦以外でGKがPKを蹴るの初めて見たかも笑。

GKのPK


■GKドミトロビッチめっちゃPKうまかった笑。
シュートスピードが半端ない笑。


■乾に風格を感じた。
序盤は上手くいかなかったが、それでも焦ることなく徐々にギアを上げていき決定機も作っていた。


■武藤は攻守において絶え間なく走っていた。
右サイドで少しボールを受けにくそうに見えた。
足元でボールをもらいに降りてこず、前方の空いたスペースにボールを要求して走り込んでいた。
PK獲得のシーンがまさにそう。


■守備を重視したのか右サイドバックのポソがあまり高い位置まで上がってこなかった。
なので武藤が単独で打開したり、数人を相手にする場面が出てきてしまった。
アトレティコ相手なら、しょうがないけど。

武藤ひとり


■乾は計算の立つ選手。
守備ではもちろんのこと、攻撃でも安定した貢献が期待できる。


■乾はもう少しロストを減らせると、もっとチームが助かるのだが。
簡単に失ってしまうシーンがある。

乾ろすと


■乾は仕掛けやクロスでアトレティコの右サイドを何度か脅かした。

くろす1


くろす1別


■乾はヴルサリコに抑えられたシーンが何度もあったが、危険な存在になっていたと思う。


■ブライアン・ヒルがいればもっと多くのチャンスを作れたと思う。
今日は乾が何度が決定的なクロスを入れていた。

くろす2


■武藤はPKをゲットしたが、あまり効果的なシュートやパスが無かった。
守備に奔走していたね。


■アトレティコの守備意識はさすが。
危ないシーンは数人で一気にプレッシャーをかける。


■キケ・ガルシアが決めていればというシーンがちらほら。
ただ、キケ・ガルシアの貢献度は素晴らしい。
守備に走り、攻撃ではターゲットマンとなる。


■エイバルは1失点目が余計だった。
あれはやってはいけないミス。
メンディリバル監督は立腹だろう。


■アトレティコはあまり良い試合が出来なかった。
決定的なシーンも少なく、エイバルがよく守ったと言える。


■(アトレティコ・マドリードファン)まさしく、こういう試合を落とさずに勝てれば優勝が見えてくる。


■(アトレティコ・マドリードファン)正直、エイバル戦は勝ちにふさわしくなかったかもしれない。
しかし、この勝ち点3は非常に大きい。


■(アトレティコ・マドリードファン)今日もルイス・スアレスの個の力で試合が決まった。
バルセロナに感謝する。


■(アトレティコ・マドリードファン)PK以外にも失点しそうなシーンはあったが、守備陣がしっかりと守ってくれた。
乾の精度の高いクロスが2度?ほどキケ・ガルシアに入ったが、身体を張って止めた。


■(エイバルファン)これは酷い。
ダイブなのにPK判定。
勝ち点をアトレティコに奪われた。

すあれす


■(エイバルファン)選手たちはよく戦ったが、審判に台無しにされた。


■エイバルは今シーズン接戦を落とす試合が目立つ。


■(ニューカッスルファン)私は武藤の活躍が見れて嬉しいよ。



海外の反応は以上です。



□ブログ主の感想
エイバル惜しかったですね。降格圏と勝ち点があまり離れていないので勝ち点が欲しいところでした。エイバルは前線からプレスをはめてくるので、相手のCBやSBはやりづらいでしょうね笑。そのプレスがはまってボール奪取したのを見るのが気持ちいいんですよ笑。

ぷれす

エイバルにいれば守備や戦術がかなり鍛えられますよね。前回のW杯で乾の守備が本当に効いていたのを思い出しました。ベルギー代表は当初3バックでしたが、その後4バックに修正。乾がいち早く気づいてチームメイトに4バックと指を4本にして伝えていたのが印象的でした。武藤はプレースタイル的に攻守に頑張れるタイプなのでエイバルに合ってると個人的に思います。本人はもっと得点を取りたいでしょうね。
アトレティコは試合巧者ぶりを発揮しました。スアレスはさすが!決めきる力が本当に。キープ力やフィジカルも凄くて。コパ・アメリカで冨安や植田がスアレスのフィジカルに苦労していたのをよく覚えています。



おすすめ記事(外部サイト)