【海外の反応】南野拓実がスタメンを外れた理由をサウサンプトン監督が説明。リーズ戦

・



南野拓実、先発外の理由を監督が説明「1年半フル出場してなかった。週3試合は不可能」(フットボールチャンネル)

 この試合では南野のほか、MFムサ・ジェネポやFWダニー・イングスも先発から外れた。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は試合後に、過密日程を考慮して負傷のリスクを避けるためのローテーションだと説明している。地元紙『サザン・デイリー・エコー』が伝えた。

 「彼らを最初からプレーさせることもできたが、過去と同じ問題を抱えることになる。負傷するまで使い続けるのか? それから4週間、5週間、6週間欠場して、代わりの選手はいなくなってしまう。今までよりもう少しローテーションしようとしている」と指揮官は語る。

 特に南野については、リバプール加入以来出場時間が短い時期が続いていたことも考慮したとコメント。「ミナミノは1試合90分間通してプレーすることが1年半なかったと思う。その彼が今、週に3試合プレーできるか? 不可能だ」とハーゼンヒュットル監督。実際にはリバプールでもフル出場の試合は何度かあったとはいえ、先発出場の試合が続くことはザルツブルク在籍時以来であり、無理はさせられないと監督は感じたようだ。






サッカーフォーラム、Twitter・Facebook・Instagram等SNSのコメント欄より


■(リバプールファン)ハーゼンヒュットルが南野にとって良い監督なのは間違いないようだ。


 ⇒(リバプールファン)タキを評価、そして大事に起用してくれるみたいだからね。


  ⇒(リバプールファン)とはいえ、今日の南野の起用方法は困惑するものだった。
南野は右サイドだと能力を発揮しにくい。
ドリブルで仕掛けるシーンも皆無だったと思う。
(※ドリブル回数 0回)


   ⇒(リバプールファン)元々、あまり仕掛けるタイプじゃない。
単純に右サイドでどういうプレーをするか見てみたかったのでは。


   ⇒(リバプールファン)タキは守備でも奔走してくれるから、2列目で使うメリットもある。
しかし、ドリブルや推進力に欠けるので、2列目で使うなら中央の方が効果的だと思う。
サウサンプトンは4-4-2なので、2トップの1角が最も機能しそう。


    ⇒(リバプールファン)まだセインツでは2トップで起用されていないのかな?
今日もセインツの試合は見なかった。
チャンピオンズリーグがあったからね。


■(サウサンプトンファン)チェルシー戦でスタメンだったイングス、南野がベンチスタート。
彼らは途中出場したけど、ほとんど何も出来なかった。
テラ、アームストロングは良いパフォーマンスだったと思う。


 ⇒(サウサンプトンファン)うちで初めて南野は右サイドでプレーしたけど、無難なプレーに終始しインパクトが無かった。
右サイドのプレーは、やりにくそうに見えた。

修正


  ⇒(サウサンプトンファン)次のエバートン戦はイングス、南野の2トップ、そして2列目にテラとアームストロングで臨んでほしい。
南野にはゴール前でプレーしてもらい、ニューカッスル戦やチェルシー戦のようにゴールを決めてもらいたい。


■(サウサンプトンファン)ローテーションした結果、負けた。
結果論だが、ローテーションは失敗だったようだ。
うちは層の厚いチームではない。
それなのに、ローテーションする意味とは。


 ⇒(サウサンプトンファン)でも、イングスは疲労がたまっているように見えたけど。
ラルフ(監督)の言うように、負傷を予め防ぐという観点でいえば正解。
だけど、負けてしまってはね。


■(サウサンプトンファン)リーグ戦で1ヶ月半以上も勝利が無いのに、良い試合をして引き分けたチェルシー戦からスタメンを変更したのは疑問。
私たちはリーズ戦に勝利を求めていた。
リーズに勝利し、絶対に勝ち点3が欲しかったからね。
しかし、ラルフは私たちとは少しモチベーションが違ったようだ。


■(サウサンプトンファン)降格圏に沈む現在18位のフラムの方が最近は私たちよりも魅力的なサッカーをしているよ。
パーカーがフラムを立て直している。
同じようなことをラルフに求めたい。
これ以上の負けは許されない。


■(サウサンプトンファン)ジェネポはまだしも、得点の取れるイングスと南野はスタートさせるべきだった。
得点を取らないと試合には勝てない。


 ⇒(サウサンプトンファン)チェルシー戦のMOM(※サウサンプトンファンが投票で選出)だったジェネポもスタメンで見たかったよ。
レドモンドを外してさ。


■(サウサンプトンファン)ベンチにさせたイングス、南野、ジェネポの負傷は避けられたけど、ロメウが負傷。
ロメウの代わりはいないよ・・・。


■(リバプールファン)タキは先発した試合だと得点する割合が高いのに、ベンチにしたのは勿体ない。
まあ、途中出場からでも得点できるようになってほしいけど。


■(サウサンプトンファン)私たちファンの間でもラルフへの意見は分かれている。
・「すぐに解任すべき」
理由はリーグ戦8試合未勝利。
昨年の11月に1位の時があったのに、この急ブレーキ。
戦術に優れているはずが、最近は変化に乏しく、リーズ戦ではビエルサに戦術でも負けた。

・「ラルフを信頼し続投させるべき」
チームの補強を怠ったクラブに責任がある。
この選手層で今の順位にいられるのはラルフのおかげ。

今の私たちに必要なのはとにかく勝利だ。
勝利さえすれば、チームもファンもまとまる。


■(リバプールファン)南野は移籍後、4試合で2得点。
その1得点でチェルシー戦の勝ち点1をもたらしたが、チームは勝てていない。
もっと得点を決めて救世主になることが求められている。
プレッシャーはあるだろうが、やりがいのある仕事だろう。
うちに残っていたら、試合に出れていないだろうから。


■(サウサンプトンファン)リーズ戦の南野はシュート0本。
南野はもっと上手くやるべきだった。
それにゴールに近い位置でプレーさせるべきだった。

かこまれるー


海外の反応は以上です。


□ブログ主の感想
リーズ戦をライブで見ようとしたのですが、起きれませんでした笑。試合開始が3時。4時5分頃に一度目が覚め、スポーツナビの試合経過を見ると南野はベンチでまだ出場していませんでした。なので、もう少しだけ横になろうかなと思ったら、完全に寝ちゃいました笑。それから試合結果を見て、試合を見ようかなと思いましたが、見る気になれず笑、ロングハイライトを見ました笑。チェルシー戦でゴールを決めた余韻でエバートン戦を迎えたかったような笑



おすすめ記事(外部サイト)