シュツットガルト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【海外の反応】遠藤航がMOM!2G2Aの大暴れ!シュツットガルト 5-1 シャルケ

・


2G2Aの遠藤航にドイツメディア絶賛の嵐。満点評価、「圧倒的」、公式MOMにも選出(フットボールチャンネル)

 独紙『ビルト』では、この日の遠藤のプレーに対して採点「1」の満点評価(ドイツでは1から6までで数字が低いほど高評価)。GKグレゴール・コベルと並んでこの試合の最高評価としている。

 『キッカー』誌でも同じく、シュトゥットガルトの大勝は「遠藤航とコベルのおかげだった」と2人を特に高評価。得点とアシストの“ダブル・ドッペルパック”を達成した遠藤は「圧倒的」だったと表現し、27日の全試合まとめ記事にも「遠藤がシャルケにレッスン」とタイトルをつけるなど今節の主役級として扱っている。

 地元紙『シュトゥットガルター・ナハリヒテン』でも遠藤とコベルに「1.5」の最高点をつけて絶賛。採点記事のタイトルは「シャルケ戦では遠藤が完璧だった」としており、こちらも特に遠藤を称えている。

 ブンデスリーガ公式ウェブサイトでも遠藤をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。2得点2アシストに加えて、11.2kmの走行距離もチーム最多だったことに言及している。


【【海外の反応】遠藤航がMOM!2G2Aの大暴れ!シュツットガルト 5-1 シャルケ【海外日本人・ 日本代表選手】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【海外の反応】遠藤航が2ゴールの大活躍!主にゴールシーンの反応。シャルケ戦

・


遠藤航が止まらない!ブンデス1部初ゴールから16分で2点目…巧みな動きで冷静なフィニッシュ(GOAL)

 ブンデスリーガ第23節が2月27日に行われ、シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航がシャルケ戦で2ゴール目を決めた。

 今季ブンデスリーガ全試合先発の遠藤は、シャルケ戦でも中盤底でスタメン入り。すると10分、CKを完ぺきなボレーで合わせ、貴重な先制点をもたらす。記念すべきブンデスリーガ1部での初ゴールを奪った。

 しかし、遠藤は止まらず。先制点から16分後、再びCKの場面でファーに流れると、味方のフリックをフリーで冷静に流し込んだ。1部での初ゴールから、たった16分で2点目を奪っている。


【【海外の反応】遠藤航が2ゴールの大活躍!主にゴールシーンの反応。シャルケ戦【海外日本人・ 日本代表選手】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【海外の反応】遠藤航が安定の高評価!デュエルで強さを見せる!シュツットガルト 1-0 ケルン

さむね完成


遠藤航、完封勝利貢献で独メディア上々評価。「危ない場面には常にいた」(フットボールチャンネル)

 独紙『ビルト』ではこの日の遠藤のパフォーマンスに対して採点「2」と高めの評価(ドイツでは1から6までで数字が小さいほど高評価)。決勝点のカライジッチ、アシストを供給したDFボルナ・ソサと並んでチーム内で最高タイの評価としている。

 地元紙『シュトゥットガルター・ナハリヒテン』では遠藤に対する採点は「2.5」。ソサとDFヴァルデマール・アントンの2人が「2」の最高評価とされ、遠藤はそれに次いでいる。

「試合の最初の30分間はパスの正確性に難があったが、その後エンドウはいつも通りにシュトゥットガルトのプレーの不動点になった。危ない場面では常にそこにいた」と地元紙は遠藤についてコメントしている。


【【海外の反応】遠藤航が安定の高評価!デュエルで強さを見せる!シュツットガルト 1-0 ケルン【海外日本人・ 日本代表選手のプレー】】の続きを読む

このページのトップヘ